前へ
次へ

インターネットを活用して通販するなら

やはり、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上に目を向けると、通販を楽しむことができる今の

more

通販の便利な使い方とは

食品や衣類、本などなど様々なものを自宅に届けてくれるサービスの通販は人々の暮らしを豊かなものにしてく

more

通販は子供を連れて買い物する負担が減る

買い物をするためにはやはり商品を探して選ぶ必要が出てきます。また1つの箇所だけに限らず複数の店舗を回

more

通販のお店を営業する場合

最近は、インターネット通販のお店も増えてきています。自分が利用する立場の人の方が圧倒的多いですが、アクティブな人は自分でお店を展開するでしょう。お店といっても、従来のお店とは異なり、それほどお金がかかるわけではありません。実店舗は、土地と建物が必要になります。土地をかりて建物も借りるとしても、テナント料が必要になるでしょう。そのお金のことを考えれば、通販は非常に優れたシステムといえます。通常テナント料だけで初期費用が50万円から100万円ほどかかることになります。これらの費用は、もう借金をする必要はありませんがそれ以外の看板や在庫などを考えるといよいよ借金をせざるを得ないといえます。借金をする場合には、返済できることが前提になりますが、なかなか返済をすることができないことも少なくありません。このように、金銭的な負担を考えればインターネットの通信販売は非常に魅力的です。サーバーを借りてホームページを作ったとしても初期費用だけで30000円もあれば充分でしょう。沢レンタル費用は毎月かかるとしても、1000円程度になります。後は、どれほど在庫を集めるかにもよりますが、在庫自体はそこまで音なくても問題ないことが多いです。最近は、業者の方に在庫を置いておく仕組みなどもありますので、それらを利用すれば金銭的な負担をかけなくても在庫を持つことが可能になります。仮に、最初のうちはあまりお客さんが来なくてもそれほど金銭的に問題があるわけではありません。仮に赤字になったとしても外でカバーすることができるでしょう。ただこの場合には、副業として考えておく必要があります。よってインターネット通販を本業にするとしても最初は副業として始めましょう。つまり別に本業を持っておくことが必要になります。副業として考える場合には、まずはある程度本業で収入を得ておき、本業を超える位になってから少しずつ通販の副業を本業にしていきましょう。

裏DVDが70,000タイトル以上の品揃え
気になる商品きっと見つかるはず

Page Top